禁煙外来

ホーム   >   禁煙外来

「禁煙外来」とは?
2006年4月から禁煙治療が保険適用されました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。
ただし、保険治療はすべての病院でできるわけではありません。当院は、保険治療が可能である禁煙認定医療機関ですので、いつでもご相談ください。

禁煙治療対象者の4条件

以下のすべての要件を満たしている人が治療対象となります。

スクリーニングテスト(TDS)

今や「はじめよう禁煙」が合言葉

これから、実践していく禁煙法は、禁煙したいというあなたと、それを支援する医師やスタッフ、
さらに禁煙のつらい時期を乗り越えやすくする薬、これら3つからなる方法です。

治療スケジュール

受診時期 治療内容
治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療
  • 1. 診察
  • 2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  • 3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  • 4. 禁煙補助薬の処方
再診1(2週間後)
再診2(4週間後)
再診3(8週間後)
再診4(12週間後)
《飲み薬》
ニコチンを含まない飲み薬です。禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。健康保険適応当院で処方します。禁煙開始予定日の1週間前から服用し始めます。8日目から禁煙してください。合計12週間服用します。
禁煙治療用飲み薬
(チャンピックス)
《ニコチンパッチ》
禁煙のための補助薬であるニコチンパッチを使用します。禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。当院で処方します。毎日1枚皮膚に貼ります。皮膚からニコチンが吸収されます。 一定期間をおきながら、貼り薬のサイズが大きいものから小さいものに切り替えて使用するのが標準的な使用法です。
禁煙治療に関する情報はコチラ
  チャンピックスの場合#4
(治療、お薬とも12週間分)
ニコチネルTTSの場合#4
(治療は12週間、お薬は8週間分)
  費用 自己負担額
(3割負担として)
費用 自己負担額
(3割負担として)
初診料+再診料#1 9,120円 2,740円 9,120円 2,740円
ニコチン依存症管理料 11,460円 3,440円 11,460円 3,440円
院外処方せん料#2 4,080円 1,220円 2,720円 820円
禁煙補助薬#3 43,500円 13,050円 24,360円 7,310円
68,160円 20,450円 47,660円 14,310円
設備・検査 脳ドック ごあいさつ

COPYRIGHT (C) TSUKAMOTO NEUROSURGICAL CLINIC. All Rights Reserved.

top