あなたの笑顔を守るお手伝い

ホーム   >   当院からごあいさつ

脳神経外科とは、どのような症状で受診すると思われますか?
実は、決して特別な科ではありません。当院では頭痛、もの忘れ、めまい、しびれや頭部打撲などの症状の患者さまが多く、子どもからお年寄りの方まで幅広く対応しています。
お気軽に受診していただき、ぜひみなさまの不安を聞かせて下さい。

当院は前院長である塚本栄治が1983年に開院して以来、様々な患者さまの病気に対する診断・治療・手術・リハビリなどを行ってきました。当時、脳神経外科の開業医は富山県には少なく、富山市以外の市町村をはじめ、岐阜県や石川県からの患者さまも多く来院しておられました。以降も長きに渡りご支持を頂戴し、現在も多くの地域から受診していただいております。 2005年から現院長である塚本栄輝、副院長の田中信を中心に治療を行っております。また、富山大学附属病院脳神経外科からは教授である黒田敏先生、第二内科(循環器)からは平井忠和先生に定期的に外来診療をしていただいております。開業医でありながら複数の医師による診察を受けられるところは全国的にみても珍しく、色々な医師の判断を聞くことも可能なことから、より安心して受診いただけます。また複数の医師がおりますので、救急車の受け入れもしておりますし、入院加療が必要な場合でも提携病院である富山大学附属病院、富山県立中央病院、済生会富山病院、富山市民病院、富山赤十字病院等へ状況に応じて医師が付き添い致します。
病気は早期の受診で、治したり進行を抑えたりする事ができます。
『この程度の症状だから、我慢しよう』とご自分で判断せずに、ぜひ気軽に病院へと足をお運びください。みなさまに安心して健康な毎日を過ごしていただく事が、私たちの願いです。

シンボルマークへの思い

私たちの思いをシンボルマークにたくしました。当院の頭文字「T」をモチーフに、病院と患者さん、病院と地域が重なりあって繋がっていることを表わしたシンボルは信頼と優しさを象徴しています。

設備・検査 脳ドック ごあいさつ

COPYRIGHT (C) TSUKAMOTO NEUROSURGICAL CLINIC. All Rights Reserved.

top